Message

 映画制作へのこだわり。 

関西には『映画企画制作会社』が無いと言う。

それなら、創っちゃいましょかと。

おおさかのおばちゃんが名乗り出た。

無謀と言われても、我が道を進むのが八方ねこ(ペンネーム)の流儀にゃん。

私が最初に観た映画が『嵐を呼ぶ男』。

母に連れられ、満員の映画館の通路で足が痛くて立っていられず、

泣きそうになりながら観てた。

そして、暴力的なシーンになった。裕次郎がドラマーの役だったと思うが、

大事な手をレンガかなんかでチンピラたち?に指を潰されるシーンだった。

もう怖くて怖くて、映画館から必死に走って家に帰ったことを鮮明に覚えている。

それは、4歳の私に与えた鮮烈な恐怖の映像だったのだ。

現在は実像よりもバーチャル的な映像がヒットしている。

私も、鉄腕アトム、宮崎アニメも大好きだが、でもリアル感は!

想像のストーリーを、人が演じるからこそ、リアル感が生み出せる!

これこそが、映画の本質やん!ちゃいまっか?!

STUDIO THEATER CAFE Nyan

​名称

​スタジオ Theater Cafe Nyan

所在地

〒552-0007
​大阪市港区弁天1丁目3-13-3601

TEL・FAX

06-6573-1055

MAIL

代表

山崎惠子

創立

2020年2月

STAFF

11_edited.jpg

山崎 惠子(やまさき けいこ)

スタジオTheater café Nyan 会長
保育士、幼稚園教諭の経験を経て、北堀江にTheater Cafe Nyanを2006年にオープン。
オーナーとして、アマチュア、プロを問わず、芝居・音楽・映像・絵画等の多くのアーティストたちの自主イベント企画を後援。自身も2007年より、芝居の演出・脚本・役者としてアーティスト活動も始める。2018年8月Theater Cafe Nyanの運営から離れ、2018年11月スタジオ Theater Café Nyanを設立。
映画初作品『わすれなぐさ』(プロデューサー・原作・主役) 2009年撮影、紆余曲折を経て2018年5月、大阪、6月東京で試写会を開催。
『わすれなぐさ』では、プロデューサー・原作を兼、主役も演じ、初めて映像の役者を経験する。

12.jpg
MM8_6386_cut.jpg

上田 時高(うえだ ときたか) ディレクター

1972年、日本、大阪生まれ。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)舞台・映画・テレビ学部舞台芸術学科卒業。

在米中:舞台・映画・テレビ・CM・MV等にて役者・ダンサー・照明デザイン・演出と多岐に渡りメジャー及びアカデミック両方において経験を積む。世界に存在する民族の文化・習慣・音楽・遺跡及び芸能などを実体感する為、中国・東南アジア・中央アジア・中東・北アフリカ・ヨーロッパ・南米の国々を放浪する。 
パフォーミングアートカンパニー[夢進界]を結成、団長を務める。(在米中)
Theater Café Nyan(自由表現空間)をプロデュース、アートディレクターを務める。(現在:日本/大阪)
2018年、長編映画[わすれなぐさ]にて脚本・監督。

2019年、日韓合作映画[ただ傍にいるだけで]にて監督。